その昔… 母星で枯渇してしまった生命エネルギー「アルビトリウム」を求め別次元から機械生命体が来訪した。機械生命体達は次元超越に耐える為その姿を腕だけに収縮し、アルビトリウムが豊富にあるとされる地球に降り立つ。彼らは他の生物に合体寄生することにより地球での活動を可能とした。そして一部の人類と秘密裏にコンタクトを取り、アルビトリウムの探索に乗り出した。 人はその姿から彼らを「メカウデ」と呼んだ。
そして時を経て現代。とあるメカウデが封印されたキューブが、大企業カガミグループの研究施設から持ち出され失われてしまう。それを偶然見つけてしまった普通の中学生「ヒカル」はキューブの封印を解いてしまう。 そこから現れたのは長い眠りについていたメカウデ「アルマ」だった。アルマはヒカルの体に寄生しようとするが…
ひょんなことからヒカルとアルマの奇妙な共同生活が始まってしまう。
A century ago, mechanical life forms visited us from another dimension, seeking the life energy known as “arbitrium”, a resource that had been exhausted on their home planet. These beings compressed their bodies into “arms” in order to endure the dimensional crossing, and came to Earth in search of our abundant arbitrium supplies. By fusing with other forms of life, they became able to operate on our planet. And in secret, they made contact with a certain segment of humanity, beginning their search for the arbitrium.
Due to their appearance, people called these beings “Mecha-Ude”, or “MechaArms”.
Now, in the modern era, a cube containing a certain Mecha-Ude has been stolen from a lab owned by the megacorp known as the Kagami Group. Hikaru, a normal middle school boy, finds the cube by chance and breaks its seal. Inside is the Mecha-Ude Alma, who has just awakened from a century’s long slumber. Alma tries to fuse with Hikaru’s body, but…
A chance event leads Hikaru and Alma to start a strange life together...
パイロットエピソード あらすじ
カガミグループの抵抗組織である「ARMS(アームズ)」。そこに所属するメカウデ使いばかりが狙われ、そのメカウデが強奪されるという事件が連続して発生した。引き剥がされたメカウデを取り戻さなければ、その人間は死に至ってしまう。
カガミグループからその身を狙われているアルマと、その護衛をするARMS所属のメカウデ使い「アキ」。彼女はこの事件にかつての仇であるメカウデ使いの影を感じていた。真相を確かめる為、アキは上司の忠告を無視して独断で捜査に乗り出す。それに付き合わされ巻き込まれるヒカルとアルマ。
小難しいことが苦手なアキは、街に潜むメカウデ使いを片っぱしから尋問する手段を選ぶ。うんざりするヒカルとアルマを連れて アキは今夜も強引な捜査に出発する。
 
pilot episode

The resistance organization ARMS fights against the Kagami Group. The Mecha-Ude Wielders who belong to ARMS are being targeted, and their Mecha-Ude are being stolen. If the stolen Mecha-Ude cannot be retrieved, their human owners will die.
Alma is one of the Mecha-Ude targeted by the Kagami Group, and he is being protected by the Mecha-Ude Wielder Aki. Aki believes that a former rival of hers, another Mecha-Ude Wielder, may be involved in this case. To find the truth, she ignores her supervisor’s warnings and sets out to do her own investigation. Hikaru and Alma are dragged along with her.
Subtlety is not one of Aki’s specialties, and she decides to start interrogating every Mecha-Ude Wielder in the city. Tonight she’s about to head out to do more interrogations, and a very annoyed Alma and Hikaru will be going with her…
Back to Top